スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久し振りのHandmade

毎日の忙しさにかまけて、子供たちに何も作ってられていなかった最近

家のものも色々作りたいなぁ

と思いながらも、実際作るとなるとそこに行動を移すのってすっごいエネルギーがいるわけで・・・・



そんなエネルギーが必要な私的Handmadeな気持ちが突如発揮されました

やることは盛りだくさんにあるものの、こういう無駄?!な時間もある意味ストレス発散です


丸一日無駄な時間を過ごしてやるー!!とミシン引っ張り出しました


そんな無駄時間に取り組んだ作品は


バムとケロのおかいものバムとケロのおかいもの
(1999/02)
島田 ゆか

商品詳細を見る


この作品に出てくるバムのおつかいバック


これです



絵本を読んであげてる時「これなら作れそうだね」と何の気なしに発言したのをしっかり子供たちは覚えていたようで、その後何度もせがまれ続けました


いつもながら、基本アバウトの私なので、メジャーで測ったりはありません。
いかに楽に作れるかが第1
最低限の縫製ですむ方法と、今うちにある材料を考えたところ・・・

フエルト生地を使うのが端の処理も必要ない
丁度、前に作ったぐりとぐらの生地が残っていたので、早速制作に取りかかりました


今回も、アバウトでの型紙作りから



おじこっぱの体を使って、ショルダーの長さをメジャーで測り、あんかのことも考えてそっからある程度の余裕を持たせつつ大体の長さを決定。
バックのマチの部分も兼ねる予定だったので、長さと幅も更に調整。

フエルトだけでも良かったのですが、ある程度の強度も必要なのかなぁと、他にあったガーゼ生地を使って内側に縫いつけることにしました。

フエルトは端の処理が必要ないので、ガーゼ生地はフエルトにあわせて幅をアイロン掛け。
ガーゼ生地とフエルト生地をあわせて、そのまま縫い合わせます。
まち針、しつけ縫いなんてもちろんするはずもなく
最初はショルダー部分バック部分も。

ショルダー・バックそれぞれに布を縫い合わせたら、二つを縫いつけてマチを作る。

また、バックの大きさも適当だったので、正直縫い合わせも綱渡りでした

案の定、無理矢理縫い合わせたのが悪かったのか、しっかりショルダー部分を逆に縫いつけてしまう失態
全て糸を切り、はじめから縫い直す羽目になってしまいました


バムのバック一番のメイン「足形?」「手形?」の取り付け。

こちらは手縫いで

フエルト生地1枚だと弱めなので、2枚重ねで縫いつけました。


本当は、内側にボタンかマジックテープでバックのフタ?部分を取り付けようかと思ったのですが、
意外に開く感じじゃなかったのでそのままで完成(ということで
(ただ単にもう疲れ切ってただけでした




ま、適当に作った割にはそれなりに出来たのかと

幼稚園から帰ってきたあんかは、予想通り喜んでくれました




当然、あんかに作ればおじこっぱも欲しくなる
ということで、もう一個作りましたよ
おじこっぱのは内側の生地柄を変えました。




あ~、無駄な時間でしたが疲れた時間でもあったのであった












コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

waka☆わか

Author:waka☆わか
三日坊主Blogへようこそ♪

日々の子育てのことだったり、下手な物好き?!の手作りのことだったり、時々やってる絵本講師の活動だったり、モールアートのことだったり・・・・

そんなことを載せていけたらと思います。

あんか(7歳)とおじこっぱ(5歳)を育てる、現在8年目ママ修行中?!のアラ40です。
注:石川の方言でお兄ちゃんのことを【あんか】弟のことを【おじこっぱ】といいます

*石川県出身
*神奈川県在住


*NPO法人「絵本で子育て」センター
 絵本講師養成講座修了生
*日本知育モールアート協会 認定
 モールアートマスター(休業中)

Welcome ♪
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
twitter
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
ブクログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。